選ばれるには理由がある!熊看の5つの強み

創立50年の歴史と実績

熊看は昭和45年4月開校。

50の歴史ある看護専門学校です。

2018年までに、およそ6,700を超える卒業生を輩出しています。

実際の医療現場でスキルアップ

50年の歴史がある本校は、市内の病院・施設とも強いつながりがあります。経験豊富な講師と市内の主要病院・施設の連携による、質の高い実習環境を提供しています。

看護師を目指す学生がより質の高い看護を提供できるようになり、やりがいを見いだしていけるような体制づくりを大切にしております。

主な実習病院
看護学科
  • 熊本赤十字病院
  • 済生会熊本病院
  • 熊本中央病院 …など
助産学科
  • 慈恵病院
  • 伊井産婦人科病院
  • 福田病院
  • 熊本市立熊本市民病院 …など

安定の県内就職率

熊看の卒業生の県内就職率は80%!!

当校の理念に基づき、地域に貢献できる人材の育成に取り組んでいます!

助産学科併設

毎年看護学科から助産学科へ進学している実績あり! 学内推薦もあります!

また、当校の助産学科の教員全員がアドバンス助産師資格を取得しています。

学びやすい環境

教員・学生の関係性が良いので、明るい雰囲気で学べます!

また、充実した蔵書数を誇る図書室! 図書司書が常駐しており、ネットから蔵書検索ができます。

熊本看護専門学校図書室 蔵書検索はこちら

経験者の話が聞きたい!先輩の声

一 利歩(看護学科18期生)

悩みや辛いこともあるけど、周りの人たちに支えられて乗り越えることができました。

私は本学に入学し、自らの看護観・豊かな人間性を養うことができました。3年間の学校生活では悩むことや辛いこともありましたが、同じ志を持つ友人や、熱心な指導と親身になって話を聞いてくださる先生方、また家族、実習病院の指導者さん・患者様の支えがあり乗り越えることができました。

今後、看護師として働くうえで、この3年間の学びを基盤に、更なる知識・技術を習得し、患者様に寄り添う温かみのある看護を提供していきたいと思っています。

西嶋 香里(看護学科18期生)

どんな時も一人ではなく、皆と笑って楽しい3年間は大切な時間で充実した日々です。

3年間の学校生活では、机上での学習や臨地実習などで多重課題に追われ、時にはきつく不安が募ることもありました。しかし、同じ夢に向かって頑張る大切な友達や親身になってくれる先生方、ご指導くださる医療スタッフの方々、いつも優しくしてくださる患者さん、皆が支えになります。

どんなときも一人ではなく、皆と笑って楽しい学校生活を送れる3年間は、とても大切な時間で充実した日々です。私は、本校の助産学科に進学し、助産師になるために1年間頑張ります。後輩の皆さんも看護を学び命の大切さや自分の看護観を深めながら、熊看で素敵な生活を過ごしてください。

黒澤久美子(看護学科2期生)

15年間看護師として勤務し、現在では母校の熊看で実習指導教員として勤務しています。

小学生の頃から、なんとなく看護師になりたいと思っていました。高校生になり進路を考える時期に祖父母の入院があり、その時の看護師の働く姿をみて、看護師を目指そうと決めました。

本校に入学し、看護学科開設2年目で2期生でした。学校生活は想像以上に大変でした。専門職となるべく、専門知識の学習、看護技術の演習、試験、実習と乗り越えていかなければならないことは沢山ありました。

そんな中、同級生と一緒に試験勉強したり、リフレッシュのため食事へ行ったりと、大変でしたが楽しく過ごせた3年間でした。先生方の熱心な指導、サポートのおかげで看護師になり15年勤務しました。

臨床で勤務する中、実習指導者として実習生さんと関わり、教育の場で後輩の育成に携われたらと思うようになり、現在では母校である本校で実習指導教員として勤務しています。教員として、また、先輩としてもみなさんを支え、ともに看護師を目指して頑張りましょう。

草野 早苗(助産学科6期生)

同期とはお互いの良いところ、嫌なところも認めながら結束を深め、家族のような存在になりました。

看護師そして助産師になりたいという諦められない夢を実現するために本校に入学しました。

助産学科に進学する際、大変だと聞いて覚悟していました。実際に、実習では10例のお産に携わり、同時進行でいろんな課題が目白押しでしたが、達成感や充実感でいっぱいの1年間を過ごすことができました。

6期生は元気で明るく楽しいメンバーが揃っており、きついときや大変なときは共感し励まし合いながら試練を乗り越えました。お互いの良いところ、嫌なところも認めながら結束を深め、家族のような存在になりました。

また先生方は朝早くから夜遅くまで側にいて、わたしたちの不安な気持ちを受けとめ、疲れているときは元気をもらえました。先生方のフォローや優しさを実感しながら、熊本看護専門学校で学ぶことが出来て良かったと何度も思いました。深く感謝しています。

これから、自分の目標とする助産師になるため、頑張っていきます。4年間応援し支えてくれた先生方のおかげで夢を叶えることができました。ありがとうございました。

瀧本 麻美(助産学科6期生)

実習で助産師としての責任と役割の大きさを実感しました。

私は、幼い時から生命の誕生に興味を持っていました。看護学校の実習で1例のお産に立ち会わせていただき、生命誕生の奇跡に強い感動を覚え、助産師を目指しました。

年間の学校生活は凝縮した講義や実習、度重なる課題に挫けそうになる時期もありましたが、同じ夢を持つ仲間やいつも親身になってくれる先生方に支えられ、無事卒業を迎える事が出来ました。

助産学実習では、10例のお産に立ち会わせていただき、側でケアを行っていく中で、助産師としての役割の大きさを実感しました。妊娠・出産体験は、その後の母子とその家族の生活に大きく影響します。そのため助産師の関わりは重要な責任を担っており、1回1回の関わりを大切にしていくことが必要であると学ぶことができました。

1年という短い期間でしたが、重要な体験や多くの学びができました。ありがとうございました。

やっぱり気になる費用負担…学費サポート

熊看では、向上心あふれる学生のために学費サポートを実施しています。

熊本県看護師等修学資金制度

卒業後、熊本県内の指定施設で看護職員の業務に従事する意志がある学生さんに対して月額36,000円(無利子)が貸与されます。

日本学生支援機構奨学金制度

学業が優秀で、経済的に就学が困難と認められる学生に対して貸与されます。

熊看は看護師・助産師を目指すあなたを応援します!

看護は人の生命の根源に関わる職業です。熊看では専門的な知識・技術はもちろん、自ら考え行動できる調和のとれた豊かな人間性を育てます。

同じ目標を持った仲間と楽しく、支えあいながら、21世紀に求められる看護師・助産師を目指しましょう!