選ばれるには理由がある!熊看の5つの強み

創立50年の歴史と実績

熊看は昭和45年4月開校。

50の歴史ある看護専門学校です。

2018年までに、およそ6,700を超える卒業生を輩出しています。

実際の医療現場でスキルアップ

50年の歴史がある本校は、市内の病院・施設とも強いつながりがあります。経験豊富な講師と市内の主要病院・施設の連携による、質の高い実習環境を提供しています。

看護師を目指す学生がより質の高い看護を提供できるようになり、やりがいを見いだしていけるような体制づくりを大切にしております。

主な実習病院
看護学科
  • 熊本赤十字病院
  • 済生会熊本病院
  • 熊本中央病院 …など
助産学科
  • 慈恵病院
  • 伊井産婦人科病院
  • 福田病院
  • 熊本市立熊本市民病院 …など

安定の県内就職率

熊看の卒業生の県内就職率は80%!!

当校の理念に基づき、地域に貢献できる人材の育成に取り組んでいます!

助産学科併設

毎年看護学科から助産学科へ進学している実績あり! 学内推薦もあります!

また、当校の助産学科の教員全員がアドバンス助産師資格を取得しています。

学びやすい環境

教員・学生の関係性が良いので、明るい雰囲気で学べます!

また、充実した蔵書数を誇る図書室! 図書司書が常駐しており、ネットから蔵書検索ができます。

熊本看護専門学校図書室 蔵書検索はこちら

経験者の話が聞きたい!先輩の声

井村 早希(看護学科19期生)

相手を思いやる心を大切に日々精進していきたい。

在学中は専門分野の学習や課題、臨地実習に取り組みました。時には不安で挫折しそうになったこともありました。しかし近くで支えてくれた友人、家族、そして先生方のおかげで乗り越えることが出来たと思います。

学校では知識や技術は勿論、精神的な面でも成長できた3年間でした。また看護観や看護を行う上で必要なことも同時に学ぶことができ、学校生活で学んだ知識や経験は自分の自信へと繋がりました。熊看で過ごした3年間はとても大切な時間で、よき友よき恩師に出会い充実した日々でした。

熊看で学んだことを十分に活かし、看護師として相手を思いやる心を大切に日々精進していきたいと思います。

牧 小夏(看護学科19期生)

臨地実習を通して看護の楽しさと責任を知り、看護観も見つけていくことができました。

私は助産師になりたいという夢を持ち、中学生の時から本校への入学を希望していました。入学してからの3年間は想像以上にハードなものでしたが、日々専門的になっていく学習内容に自分が少しずつ看護師に近づいている喜びを覚えていました。

臨地実習では実際に患者さんを受け持たせていただき、患者さんに関わり、触れて、寄り添う中で、看護を行う楽しさと責任を知り、自分の看護観も見つけていくことができました。

同じ目標に向かって一緒に支え合った友達、いつもそばで見守り指導してくださった先生方、勉強や実習に取り組む環境を整えてくれた両親、厳しくも優しく指導してくださった病院スタッフの方々、そして毎日病室で私を待っていてくださった患者さんの存在があったからこそ、私はこの3年間を乗り越えることが出来ました。

私はこれから1年間本校の助産学科に進学し、理想とする助産師になれるよう一生懸命頑張ります。みなさんも熊看でこれまでにはない充実した看護学生生活を過ごしてください。応援しています。

小澄 真理(助産学科7期生)

命の誕生に立ち会える喜びは言葉にできないほど大きく、助産師を目指して良かったと思います。

私が助産師を目指すこととなったきっかけは、息子を出産した時に寄り添ってくださった助産師の存在があります。妊娠・出産はその後の子育てや人生にまで影響を与えるという体験を通し、母子のより近いところでサポートできる助産師の専門性に憧れをもち本校に入学しました。

年の離れたクラスメイトとの関わりや、勉強についていけるかなどの不安もありましたが、同級生の仲間との毎日は新鮮で楽しい学生生活を送ることができました。

助産学科へ進学後は、学びたいと思い続けた専門分野にもかかわらず、分娩実習や勉強の難しさ、責任の大きさから、本当に自分は助産師になれるだろうかと思うこともありましたが、命の誕生の瞬間に立ち会える喜びは言葉にできないほどで大きく、助産師を目指して良かったと改めて思いました。

助産師になりたいと思ってから10年が経ちました。入学する数年前の学校説明会で、「どうすれば助産師になれますか?」と質問しました。先生から「助産師になりたいと言い続けてください。」という言葉をいただきました。その言葉はいつも自分を奮い立たせてくれ、言い続けることの大切さを学びました。

時に子ども4人の子育てとの両立で、くじけそうなときもありました。そんな時は「必ずママの背中を見てくれていますよ。」と励ましてくださるなど様々な面で先生方にいつも支えて頂きながら、4年間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

横山 彩佳(助産学科7期生)

逃げ出したくなる時もありましたが、熱心な指導と励ましやアドバイスで乗り越えられました。

看護学校で母性看護に興味を持ち、より専門的に学びたいと思い本校に入学しました。

入学当初から多くの課題に追われ、講義や終講試験が終わると一息つく間もなく臨地実習が始まりました。実習では10例のお産に立ち会わせていただきました。様々なケアを実施していく中で、女性の一生を支え、命の誕生の瞬間に携わる助産師の素晴らしさを改めて実感することができました。自分の知識の未熟さを度々痛感し、逃げ出したくなる時もありましたが、実習病院の指導者の片々による熱心な指導と先生方の励ましやアドバイスの元、乗り越え、無事卒業を迎えることができました。どんな時も14人で切磋琢磨し、お互いに支え合いながら過ごした1年間は達成感と充実感で満ち溢れています。同じ夢を目指して、共に頑張る友達の存在は、日々の課題・実習・国家試験を乗り越える原動力となっていました。

辛い時には励まし、嬉しい時には自分のことのように一緒に喜んでくださる心温かい先生方に支えられ、助産師になるための多くの学びを得て、成長することができました。助産師を目指し、熊本看護専門学校に来て本当に良かったと思います。自分の目標とする助産師になるためにこれからも努力していきたいと思います。

やっぱり気になる費用負担…学費サポート

熊看では、向上心あふれる学生のために学費サポートを実施しています。

授業料月額払い

授業料を月の分割払いにすることで、入学時に必要な費用負担を軽減しています。

熊本県看護師等修学資金制度

卒業後、熊本県内の指定施設で看護職員の業務に従事する意志がある学生さんに対して月額36,000円(無利子)が貸与されます。

日本学生支援機構奨学金制度

学業が優秀で、経済的に就学が困難と認められる学生に対して貸与されます。

熊看は看護師・助産師を目指すあなたを応援します!

看護は人の生命の根源に関わる職業です。熊看では専門的な知識・技術はもちろん、自ら考え行動できる調和のとれた豊かな人間性を育てます。

同じ目標を持った仲間と楽しく、支えあいながら、21世紀に求められる看護師・助産師を目指しましょう!