選ばれるには理由がある!熊看の5つの強み

創立50年の歴史と実績

熊看は昭和45年4月開校。

50の歴史ある看護専門学校です。

2019年までに、およそ6,900の卒業生を輩出しています。

実際の医療現場でスキルアップ

50年の歴史がある本校は、市内の病院・施設とも強いつながりがあります。経験豊富な講師と市内の主要病院・施設の連携による、質の高い実習環境を提供しています。

看護師を目指す学生がより質の高い看護を提供できるようになり、やりがいを見いだしていけるような体制づくりを大切にしております。

主な実習病院
看護学科
  • 熊本赤十字病院
  • 済生会熊本病院
  • 熊本中央病院 …など
助産学科
  • 慈恵病院
  • 伊井産婦人科病院
  • 熊本市立熊本市民病院 …など

安定の県内就職率

熊看の卒業生の県内就職率は80%!!

当校の理念に基づき、地域に貢献できる人材の育成に取り組んでいます!

助産学科併設

毎年看護学科から助産学科へ進学している実績あり! 学内推薦もあります!

また、当校の助産学科の教員全員がアドバンス助産師資格を取得しています。

学びやすい環境

教員・学生の関係性が良いので、明るい雰囲気で学べます!

また、充実した蔵書数を誇る図書室! 図書司書が常駐しており、ネットから蔵書検索ができます。

熊本看護専門学校図書室 蔵書検索はこちら

経験者の話が聞きたい!先輩の声

看護学科21期卒業生(県内病院へ就職)

私は、社会人経験を経て看護師を目指し、熊本看護専門学校に入学しました。

以前は他分野の仕事に就いていましたが、お客様との会話の中で、身体的な不調に因る悩みがある方が意外にも多く、その根本に寄り添ってアドバイス出来ないことを非常に悔しく思い、この道を目指す決心をしました。

学校生活を通じては、1年目から国家試験を見据えた対策があり、常に緊張感を持って授業に臨むことができました。また、病院実習を通じては、先輩方が活躍されている多方面の病院で実績を積むことができ、看護師という仕事の厳しさと尊さを実感しました。

時には膨大な学習量に心が折れそうになることもありましたが、学習面や進路について親身に相談にのってくださる先生方や、共に助け合いそして高め合った仲間に恵まれ、結果として全員が国家試験を合格できた事は、私たちの誇りです。

看護学科21期卒業生(県内病院へ就職)

自分の夢だった看護師になるために高校卒業後、実習や授業が充実している熊本看護専門学校を希望しました。

実習では記録の多さに眠れない日々や、くじけそうになる時がありましたが、先生方やグループメンバーに励まされ実習を乗り越えることができました。患者さんに「ありがとう」と言われた時は、やりがいを感じるとともにもっと患者さんの近くで働きたい、病気と闘う患者さんにより良い看護を提供できるようになりたいと強く思うようになりました。

また、クラスの仲間と共に勉強に励み、さらに先生方のサポートもあり国家試験合格100%を全員で勝ち取ることができました。

知識や技術を磨き成長を実感でき、楽しいことや辛いことを分かち合える最高の仲間に出会えた3年間となりました。

4月からは患者さんの命を側で預かる責任があります。自己研鑽に励み続ける姿勢を忘れず、自分の夢に向かって頑張っていきます。

看護学科21期卒業生(本校助産学科へ進学)

私は、母や叔母の妊娠期から産褥期を間近で見ていたこともあり、小学校から助産師になりたいという夢を持っていました。

入学してからの3年間は、テストや実習の記録の多さに辛いと感じることもありましたが、実習では先生方や看護師さんからの的確なアドバイスもあり、充実した生活を送ることができました。特に、母性の実習では、分娩期から産褥期にある方を受け持たせていただき、実際に分娩に立ち会ったり、新生児の沐浴や授乳などを行うことで、お母さんやその家族から「一緒にいてくれてよかった」などと声をかけていただき励みとなり、さらに助産学科に行きたいという気持ちになりました。

助産学科の受験と国家試験のための勉強は大変な日々でしたが、友人との他愛もない会話で元気をもらい、支え合うことで受験や国家試験を乗り越えることができました。

今後さらに1年間、熊本看護専門学校の助産学科で勉学に励み、自分の目指す助産師になれるように頑張っていきたいと思います。

助産学科9期卒業生

私は、看護学生の時に母性看護学の面白さから、より専門的に学びたいという思いから本校に入学しました。

入学後すぐに授業が始まり、夏から始まる実習までは多くの講義や筆記・技術試験、課題、そして実習とハードスケジュールで多忙な1年間でした。

臨地実習では、母子とその家族と関わる中で、自分の技術・知識不足で、思うような助産ができなかったり、きつさに負けてしまいそうな時もありました。しかし、それ以上に出産後の母子と家族の姿や感謝の言葉をいただくと、もっとできるようになりたい、できた時は、きつさ以上に喜びややりがいを感じられました。

一つの壁を乗り越えると、また新たな壁にぶつかることが多くありましたが、一緒に頑張る仲間や親身になって支えてくださる先生方の存在があり、技術・知識だけでなく人としてまた1つ成長できた1年間でした。本校は、講師に恵まれており学べる環境が整っていること、先生と学生の距離が近く、楽しい雰囲気で学校生活を送れることが、良いところだと思います。

看護学校を卒業して本校に入学し、ほんとに良かったと思っています。まだまだ、未熟な私です。たくさんの人の支えになれるよう、今後も本校で学んだことを胸に更に成長できるよう頑張っていきたいと思います。

助産学科9期卒業生

私の実家は酪農を営んでおり、幼いころから命の誕生に触れていたことから、助産師になりたいという夢を持つようになりました。

入学してからは盛り沢山の授業・演習等に追われ、一息つく間もなく臨地実習が始まりました。実習において実際に母子と関わらせていただき、女性の一生を支え、命の誕生に携わることができる助産師の素晴らしさを実感しました。その一方、ケアを実施していく中で、自分の知識・技術の未熟さや無力さを痛感し、自分には向いていないと諦めそうになったこともありました。そんな私の支えとなったのは、同じ志を持つクラスメイトや温かく熱心に指導を下さる先生方、また実習で関わった産婦さんの「あなたがいてくれてよかった」の言葉でした。実習で頂いた言葉は卒業した今でも鮮明に残っているほど夢への原動力となっていました。また、どんな時も14人で切磋琢磨し、助け合いながら過ごした1年間は達成感で満ち溢れています。いつも学生を気にかけ、悩んだときは同じ立場で一緒に考えてくださる先生方に支えられ乗り越えることができ、先生方に恵まれていることは熊看の1番の魅力であると思います。

4年間熊看で学び、夢の実現だけでなく、かけがえのない仲間に出会えたことや人としても成長できたことから、この学校に来て本当に良かったと思います。目標とする助産師になるためにこれからも努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。

やっぱり気になる費用負担…学費・サポート

熊本県看護師等修学資金制度

卒業後、熊本県内の指定施設で看護職員の業務に従事する意志がある学生さんに対して月額36,000円(無利子)が貸与されます。

日本学生支援機構奨学金制度

学業が優秀で、経済的に就学が困難と認められる学生に対して貸与されます。

専門実践教育訓練給付制度

一定の条件を満たした学生に対して、公共職業安定所(ハローワーク)より校納金の一定割合が支給されます。

熊看は看護師・助産師を目指すあなたを応援します!

看護は人の生命の根源に関わる職業です。熊看では専門的な知識・技術はもちろん、自ら考え行動できる調和のとれた豊かな人間性を育てます。

同じ目標を持った仲間と楽しく、支えあいながら、21世紀に求められる看護師・助産師を目指しましょう!